前へ
次へ

弁護士として働くために必要なこと

弁護士として業務を行うためには、地方裁判所の管轄区域ごとに設立されている弁護士会に所属する必要があります。東京都と北海道を除く45府県には1つずつ、北海道には4つ、東京には3つの弁護士会があります。さらに、この他に日本国内の全ての弁護士や弁護士法人、弁護士会を束ねる日本弁護士連合会があり、ここにも所属する必要があります。いずれの場合も、定められた会費を支払う必要があります。会費は他の専門職に比べると非常に高額であるとされています。その理由としては、行政庁の監督指導を受けることのない団体であり、人権擁護のための活動を行うことが社会的な使命となっているということが挙げられます。このような活動を維持するために、資金が必要となるというわけです。

Page Top