前へ
次へ

弁護士会の主な役割について

弁護士会は、日本全国で弁護士が活動を行なう上では必ず入会するべき会であり、その登録審査や身分に対する調査、登録弁護士が守るべき会則の制定等の業務を行なっています。なお弁護士会の設立においては、弁護士法という法律に基づいて設立されたもので、同じく弁護士法では基本的人権の擁護と社会的正義の実現を使命とするため、それに関連する活動や取組、運動も積極的に展開しています。主な活動には、人権擁護活動、刑事司法改革、司法制度改革、弁護士制度改革等です。その他には次世代の法律家の養成、弁護士の過疎化対策や偏在の是正も行い、市民に対しては法律相談などが出来る窓口も設けています。適任である弁護士を探したり、個人のみならず企業などの団体の法律支援まで行なっており、法律をより身近なものとしている役割もあります。

Page Top