前へ
次へ

日本の弁護士は弁護士会に強制入会となる

日本の弁護士会は弁護士づいて設立された強制加入団体です。活動内容は弁護士の指導、連絡、監督などです。弁護士が活動するためには地域の弁護士会を通じて日本弁護士連合会に登録しなければなりません。したがって日本の弁護士は日本弁護士連合会と地域の両方に登録することになります。日本では各府県の府県庁所在地に一つずつ地域の弁護士会が存在します。北海道では札幌、函館、旭川、釧路の四つの地方裁判所に対応してそれぞれ設けられています。東京都だけは三つの弁護士会が存在します。明治時代に執行部員の選出を巡って紛糾する時がたびたびあって、最後には流血の事態にまで発展してしまったという歴史的な経緯があって三つに分裂してしまいました。

Page Top